【朗報】小池百合子の学歴詐称疑惑がついに晴れた!カイロ大学が「コイケユリコなんて知らない」と言った理由が判明!

若い頃にカイロ・アメリカン大学からカイロ大学に移り、卒業したと公表している小池百合子都知事について、かねてより持ち上がっていた学歴詐称疑惑がついに晴れた。どのような経緯を経たのか紹介したい。

学歴詐称疑惑が広がったのはカイロ出身のタレント「フィフィ」が鋭く指摘したことがきっかけだった。

小池氏のカイロ大学卒業という学歴に関しては、現地だけでなく日本でも疑問の声が聞かれていました。ネットで検索すると出てきますが、ご本人に証明して欲しいですね。RT @er0wa: 彼女について在学中に講師をしていた現地の先生も疑問視していたというお話をしていただいたことがあります

— フィフィ (@FIFI_Egypt) August 20, 2013

カイロ大の文系はアラビア語での卒論しか認めないからね、あのレベルのアラビア語じゃ卒業できないよね。北アフリカと中東最高峰の大学に日本の大学を中退された方が卒業とか凄いと思うけど、以前から学歴詐称の疑惑もあるし、これを機にちゃんと調べた方がいいと思う。またすぐ辞任させらるかもだし。

— フィフィ (@FIFI_Egypt) June 15, 2016

フィフィは「小池百合子氏が公開したものは卒業証明書ではない」「10月卒業はおかしい」「カイロ大学からの回答では1976年にコイケユリコは卒業していないとのこと」などとアラビア語を読み解き、みんなに解説していた。詳しくは以下の記事を参照あれ。

参考:小池百合子の「カイロ大学卒」という学歴詐称疑惑をフィフィが追及中

特に「あのレベルのアラビア語では卒業できない」というのはフィフィならではの判断。アラビア語に詳しい日本人は少ないので貴重な意見として受け止められた。

▼小池百合子氏がアラビア語を話している動画1

▼動画2

小池百合子氏は自らの詐称疑惑を晴らすべく、卒業証書と卒業証明書を公開していた。

▼卒業証明書には確かに、顔写真入りでハンコも押されている。

だが、腑に落ちないのはカイロ大学が回答した「(1)1976年にコイケユリコが卒業した記録はない(2)そもそも当時は文学部社会学科すらない」という公式見解だ。

▼カイロ大学の回答文書。

これは一体どういうことなのだろうか。同じくカイロ大学を卒業したイスラム法学者の中田考氏は、「小池百合子氏の卒業証明書は自分の卒業証明書と見比べても本物だと思う」とコメントしていた。

さて、真実はまた別の人物による調査により明らかにされた。

@SophiazoeVega 試訳↓
「本学部は、1952年7月15日に日本で出生のYuriko Koyke氏が、1976年10月の回?に社会セクションのリサンス(文系学士)の学位を「良」の評価で取得したことを証明する。本証明書は彼の求めに基づき関係各位への提出のため発行された」

— Fanis Politis (@SophiazoeVega) 2016年8月3日

@SophiazoeVega さて、私が最初にアップした「怪文書」ですが、これは必ずしも偽文書ではないかもしれません。「小池」の綴りの違い(KoyikeとKoyke)および社会セクション→社会学科への改組が原因となり、大学への照会結果が否定的なものになった可能性があります。

続きは第2ページ


fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる