観覧車ゴンドラで室温40度を記録 「サウナかよ」「死のゴンドラ」と話題に

(Donald34/iStock/Thinkstock)

高気圧に覆われ、各地で猛暑となった16日。そんな中、群馬県 伊勢崎市にある遊園地で、観覧車のゴンドラ内が40度を記録し、ネット上で話題になっている。

■まるで蒸し風呂状態?

「読売オンライン」によると、ゴンドラ内温度が40度を記録したのは華蔵寺公園遊園地。

前橋地方気象台によるとこの日、館林市38.4度、桐生市37.7度、沼田市36.8度…など、県内113観測地点中9地点で猛暑日を記録したという。

ちなみに、遊園地の 境野徹園長は「暑くなりすぎて、お客さんも少なかった。仕方ない」と残念そうに話していたそうだが、死の危険すら感じる暑さなだけに、仕方ないかも。

■「熱中症観覧車」「死のゴンドラ」

この報道に対し、ネット上では…

・観覧観覧車のゴンドラ内が40℃↑ 熱中症観覧車になっちゃう!!

・そりゃそうなるよな…

・死のゴンドラ…

などの声が相次ぐことに。一度地上を離れると、10分程度は戻ることができない観覧車。普段からサウナ慣れしている人でも、楽しむのは厳しそうだ。

■観覧車好きな割合は?

しらべぇ編集部では以前、全国の男女1,223名を対象に遊園地の乗り物の好き度を3択で調査。その結果、「観覧車」と答えた人は全体の31.4%で、20~30代の男性と60代の女性に支持されていることがわかった。

だが、ここまで暑くなると話は別。冷房機能がついている観覧車以外は、避けるのが身のためだろう。

・合わせて読みたい→不思議と近づく距離…告白に必要な要素TOP5を揃えた最強デートスポットが爆誕!

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,223名(有効回答数)

fbでシェア
lineでシェア

気に入ったら、いいねにしよう

友達を追加

閉じる